ご挨拶





    全国の「那須高原ロングライド」ファンの皆様、お元気ですか。
    サイクルライフを楽しんでいらっしゃいますか。
    今年も恒例イベントを開催させていただきます!どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

    私たちは、全国から訪れる皆様にこの地で思う存分にサイクリングを楽しんでいただきたいと思っております。そこで、安全に楽しんでいただくために「日本一のライドマナー、日本一のおもてなしを目指すこと」をコンセプトとし、交通ルールを遵守して安全に走れる環境をご用意すること、そして、地域の人々がおもてなしの心を持って皆様と交流することをテーマに、それらを最優先して運営をして参りました。その甲斐あって、参加者のライドマナーも年々向上し、本イベントは安全な走行を心がける皆様に支えられております。そのような中、第7回目を迎える今年は毎回皆様からのご要望もたくさんいただいていることから地元警察協議を経まして、昨年より200名定員を増員して総エントリー数2700名の募集定員といたしました。一人でも多くのサイクリストに参加して頂きたい思いで増員をしましたが、参加される皆様におかれましては引き続きライドマナーを守ることのご協力、安全走行でのご支援をいただけますようここにお願い申し上げます。

    さて、今夏のロングライドの中身ですが、魅力の数々を追加しています。コースの一部変更に伴い、ヒルクライム100は距離を107㎞となり、那須DAKE80と芭蕉苦行75も定員をそれぞれ100名増員、特に芭蕉苦行75“プラス”として、10kmの坂道「ボーナスコース」を新設しています。さらに好評のエイドステーションもその数を18か所(ゴール含む)と3つ増設、各エイドステーション毎の飲食量、サービスメニューのバランスを勘案しドリンク専用エイドステーションも設置致しています。そして、昨年から会場を変更しての前夜祭も大人気です。会場の「SAPPORO 那須 森のビール園」では、那須ブラーゼン、宇都宮ブリッツェン選手との交流、トークショー、お楽しみ大抽選会などが予定され、お食事は和洋中、スイーツに至るまで40種類以上のバイキングメニュー、さらにドリンクバーは飲み放題でお楽しみいただけます。
    私たちの「熱い思いと、サイクルスポーツの楽しみと、皆様との交流と」、今夏も魅力あるおもてなしをご用意してお待ちしておりますので、当地“那須の魅力”をぜひ体感して頂きたいと存じます。


    結びに、本イベント開催にあたり、ご協力、ご支援をいただいている皆様に心から感謝を申し上げてご挨拶とさせていただきます。


     

     

    平成29年4月吉日
    那須高原ロングライド実行委員会
    会長 高根沢武一

     

    top