ご挨拶

  皆さん、ごきげんよう!ようこそ、「日本のロイヤルリゾート、那須へ」。
  那須をこのなく愛する人とひととのつながりがパッションを生み、絆がミッションとなり、アクションを重ねて本イベントは、お陰様で2011年の初回開催から6周年となりました。自転車を通じたまちづくりが盛り上がっていく中で、昨年6月下旬には「第84回全日本自転車競技選手権」の開催が実現し、那須町、那須塩原市、大田原市合わせてこの地に全国から4万人もの皆さんが訪れました。

  さて、「那須高原ロングライドwith 那須ブラーゼン&宇都宮ブリッツェン2016」は、4月1日よりエントリーを開始しましたが、「ヒルクライム100」は僅か約15時間という速さで、その他のコースも約1週間で定員に達しました。誠にありがとうございます。一方でエントリーができなかった皆様には、大変申し訳ございません。もっと多くのサイクリストの皆様にご参加者を頂きたいところではありますが、私たちは「日本一のライドマナー&日本一のおもてなし」をコンセプトに安全なサイクリング、グルメなおもてなしで最高のお出迎えを目指しており、今回も2500名を上限としての募集数とさせていただきました。今後は様々な視点から、本イベントにより多くの皆様にご参加いただけるように創意工夫をし、地元警察のご指導の下に研究、改善を重ねていきたい所存です。どうか、ご理解をいただければ幸いです。

  当地のロングライドは標高差1254m、獲得標高2000mもあるコース設計として大変好評をいただいておりますが、昨年新設の「芭蕉苦行75」に加え、今回さらに「那須DAKE80」の新設計をいたしました。ぜひ、本コース最高峰の聖地“峠の茶屋”地点を目指していただければと思います。そして、参加される皆様には100㎞、80㎞、75㎞、70㎞、55㎞、35㎞全6コースそれぞれにバラエティに富んだ特色ある内容をご用意しましたので、自転車の楽しさはもとより、那須地域の素晴らしいライディング環境とグルメなど、その魅力を体感していただければと思っております。

  結びに、本イベント開催にあたり、ご協力、ご支援を頂くすべての関係者の皆様、そして、地元ボランティアスタッフの皆様に心から感謝を申し上げてご挨拶とさせていただきます。

  それでは、今夏も「那須でお逢いしましょう!」
平成28年4月吉日
那須高原ロングライド実行委員会
会長 高根沢武一